2014年9月3日水曜日

ベルティング発声


アメリカ式発声法 ーベルティングー について

BELT
**************************************
- 2015年追記 -
第2回ベルティング習得レッスン開催決定!
2015年3月中旬予定
ベルティングについてもっと知りたい方はこちら: Belting Tips

ベルティング情報を随時受け取りたい方はいいね!をどうぞ:Facebook Chico Belting
ベルティング発声を使った動画はこちら:Chico Belting YouTube
**************************************


LAでベルティング発声を習得してから、
ふと、日本でのベルティング発声についてWeb検索してビックリ。

情報が少ない。
そして日本にベルティングのトレーナーがほぼいない...
にも関わらず、
ミュージカル専攻の方、洋楽系を歌いたい方で
ベルティング発声、ベルティングヴォイスとは一体何なのか?を求めている人の多さ。


そして情報の少なさゆえ、ベルティングを使うとどんな声が出るの?
と良く分からないままレッスンを受け続けている人も大勢いる事でしょう。

今回、そんな方々の参考になれば、と
「ベルティング発声を使うとどんな声が出るのか」
を紹介する動画を作りました。
ここに少し解説しておきます。


video


http://youtu.be/Yn7N5icFCqE


動画では伝わりにくいかもしれませんが、
スケール中にアップダウン、(締め付けたり、叫んだり)喉を変化させる事無く、
下はEから上はG#まで、スムーズに安定した地声の響きで
楽に出しているのが分かってもらえるでしょうか?



そしてベルティング発声2の実践編

video

https://www.youtube.com/watch?v=P--8uyDUlXE



Because of you:ロングトーンはD#
動画では声を張り上げている様に聞こえるかもしれませんが、
全く喉を締めたり、叫んでガチガチに固めたりしていません。
とても楽に歌っています。


Paradise City:トップはD
少々ロックっぽさを出すために、少し声を割っていますが、
喉を締め付けているわけではないです。
こういうニュアンスもつけられます。


First Love Mix~Head、
ベルティングが出来る様になると、
地声と裏声をどれくらいの割合でミックスするか、
というコントロールも出来る様になります。


First Love Mix~Beltでは、
優しいバラードの印象を壊さない様、
「恋に落ちても〜」の箇所だけ強くベルトしてみました。


*********************************


これがクリスティーナ アギレラ、ケリー クラークソン、
ファーギー、セリーヌ ディオン、アリアナ グランデをはじめとする、
海外アーティスト達のヒミツです。


このベルティング発声、私は1〜2週間ほどかかりましたが、コツを掴めば誰でも簡単に出来ると信じています。


そして習得してからがシンガーとしての本当のスタートだなと実感。


ここから初めて技術や才能、声の特性が存分に活きるようになってきます。
音程も良くなり、歌う事がどんどん楽しくなりますよ:)
ミュージカルから洋楽、ポップス、ロック、ジャズ、歌のお姉さん風童謡、
演歌まで、幅広く歌える様になります。


そしてベルトして出す高音は
喉を締め付けて叫ぶ声とは響きが格別に違うので、
オーディションやライブでは強烈な印象を与えられる事でしょう。
海外アーティストの高音の様な、
誰もが「えっ?」って振り向くあの声の響きです。


ただ、私の先生曰く、ベルティングが出来る様になると、
その人の喉の特性がモロに出るので、声楽系、ロック系、R&B系、ポップス系etc...
と、進むべき道が限られる事もあるのだとか。




今ベルティング習得の為にボイトレに通っている方は
先生にこれらの曲を歌ってみてもらうのも良いかも。
声の特徴はそれぞれあるでしょうが、
ベルティングができていれば楽に歌えるはずです。


では、今後もミュージカル系の曲や、
演歌なども歌ってアップしたいと思います。
お楽しみに:D



今回撮影で使用したスタジオ
↓ The Lair studio ↓

One Direction, Ariana Grande, Kesha,
矢沢永吉さんなどがここでレコーディングしたそうです。
とても良い感じのスタジオでした。The Lair studio

スタジオオーナーがギタリストという事で、アンプも沢山。

私の後にはR&Bシンガーのミゲルの予約が入っていました。わーお。


 それでは、また。



Chico